月の目抜き通り

半影月食の日の月 11/30 23:33 Clerestron C8, RICHO digital GRII
有名な地形が揃っています。一番目立つのがコペルニクス、左上にカルパチア山脈、右上にエラトステネス、その上にアペニン山脈。真下くらいに、ラインホルト、ランズベルク。右を見ると、中央クレーター列のプトレメウス、アルフォンスス、アルザッケル、デビト。左下にブリアルドス。
でも一番見てほしい点は、プトレメウスの北の中央の入江。何もないけど、緯度0度、経度0度の地点があります。
ちなみに地球の緯度0度経度0度はガーナの沖合500Kmくらいにある「ヌル島」。実は島はなくブイが浮かんでいるだけです。便宜上、NULL island。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です