旭日と金星

観望会と言えば当然夜。例外的に日食は昼間。昼間の天体と言えば、太陽か月。昼間の白っぽい月は色白美人で清楚な感じでいい。昼間でも見えるものにもう一つ大火球がありますが、一生に一度も見ない人がほとんど。
では、毎日見る太陽に「わーすごい」は無いのでしょうか。勿論あります。夕日、夕焼け、朝日、日の出があります。
伊良湖岬は夕日スポットとして結構有名ですが、日の出も特別な日の出が見られます。日出の石門(ひいのせきもん)と呼ばれているチャート岩の海蝕穴から昇る朝日が見られる瞬間があります。年に2回、10月の中下旬と2月の中下旬に見られます。
10月はもうすぐです。恋路ケ浜のどのあたりからから見られるか地図に記入しておきました。観望会も兼ねて昇る朝日も観賞し写真に収めてください。
【トップ画像は、「旭日と金星」です。よくみると、真ん中上のほうに金星が写っています。】

恋路ケ浜の地図
日出の石門から昇る朝日を見るための恋路ケ浜の地図

 

恋路け浜から見た日出の石門
恋路ケ浜から見た日出の石門

 

色白美人の白い月
2020/9/5朝7時ごろの白い月、デジカメcanon sx620で1000mmくらいで撮影。

 

伊良湖釣り人と大山幻想
伊良湖釣り人と渥美半島最高峰大山幻想水墨画風(と言っても328mです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です