9月の天文イベントの最大は、秋分でしょうか。9月22日22時31分が秋分、その時刻に春分と180度向かい合う位置に太陽と地球が並びます。ちなみに、名古屋で日の出と日の入り時刻で計算して、昼間と夜がほぼ等しくなる日は、9月26日です。日の出5:43、日の入り17:44。

10月は火星の準大接近があります。10月6日23:18、6200万キロまで接近。明るさ-2.6等。火星が一番遠いときは1億500万キロ、一番近いときは5500万キロ。

10月特別付録を一番下につけています。

9月の星空 惑星を中心に。まだ天の川も見観られます。
————————————————
9/11(金)、9/12(土)
海王星がみずがめ座で衝。観望会では、木星、土星、火星、天王星が観られます。月はなし。

9/18(金)、9/19(土)、9/20(日)、9/21(月)
木星、土星、火星、天王星が観られます。月はなし。

9/25(金)、9/26(土)
木星、土星、火星、天王星が観られます。月も観られます。

10月の星空 惑星を中心に
———————————————–
10/2(金)、10/3(土)
木星、土星、火星、天王星が観られます。月も観られます。月は最遠頃で40万6300km。

10/6(火)
火星が地球に最接近。距離6200万キロ、明るさ-2.6等。

10/9(金)、10/10(土)
火星、天王星が観られます。木星、土星は西の空少し低いので微妙かもしれませんが、快晴ならば何とかOK。月はなし。
10/10 おうし座南流星群が極大になるので、空はよく見ていましょう。

10/16(金)、10/17(土)
火星、天王星が観られます。木星、土星は西の空少し低いので微妙かもしれませんが、快晴ならば何とかOK。月はなし。

10/23(金)、10/24(土)
火星、天王星が観られます。木星、土星は西の空少し低いので難しい。月はたぶん観られます。

10/30(金)、10/31(土)
火星、天王星が観られます。月も観られます。月は最遠頃で40万6300km。

10月の太陽 特別付録
———————————————–
なぜ特別かといいますと、特別な日の出が、恋路が浜から見られる月が10月だからです。恋路ケ浜から東南東方面に日出の石門(ひいのせきもん)と呼ばれる岩塊が見えます。チャートでできている岩ですが、海蝕による穴ができています。その穴を通して昇って来る朝日が観察できます。
見られる場所と日時を記入した地図を掲載しておきますので、興味が湧けば一度見に来てください。土日で掲載していますが、もちろん、その間の平日でも見られます。10月5日から11月1日で見られます。確実を期すためには、10月10日から10月27日ごろで予定を立てるのがいいかもしれません。
実は、2月中下旬にも見られる日があります。10月がダメな人は、2月に予定を立ててみてください。
日出の石門の穴から昇る朝日を恋路ケ浜から見るための地図

9月と10月のスケジュール表.PDF
観望会へはどなたでも無料で参加できます。ただし、予約は必要です。0531-34-2325または、info@irago-hotel.comへお問い合わせ・お申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です