アンタレスの語源としては、現在のところ、日本はもちろん、世界でも一番正解に近い分析だと思います。反論をお待ちします。

1.ギリシャ語のWikiページ
Ονομασίες και Ιστορία
Το όνομα προέρχεται από τη Σύνταξιν («Αλμαγέστη») του Πτολεμαίου και γενικώς ετυμολογείται από τις λέξεις «αντί» και «Άρης», δηλαδή «αντικαταστάτης του Άρη» ή «αντίζηλος του Άρη», μία αναφορά στο παρόμοιο χρώμα και φαινόμενο μέγεθος των δύο ουράνιων σωμάτων. Από αυτή την αιτία εξάλλου οι αστρολόγοι θεωρούσαν τον Σκορπιό τον «οίκο» αυτού του πλανήτη και τον θεό του πολέμου τον «φρουρό» του.

αντί=instead, au lieu, 代わりに
αντικαταστάτης = substitute, replace, supplanter, vice, understudy
αντίζηλος = rival = (raivalの意味=競争相手、匹敵する)

2.フランス語のWikiページ
comme Arès (αντίは、直訳するとau lieuになるけど)

3.英語のWikiページ
語源無し

4.日本語のWikiページ
正しくはギリシャ語で「火星に似たもの」を意味する Άντάρης に由来する。
中国古代では、「大火」と呼ばれた。

5.では、最終的にどう考えるか
私の好みでは、フランス語のcomme Arèsが一番の正解だと感じる。

火星とアンタレスはなんとなく似ている。赤さ、明るさは少し違う(アンタレス+0.91、火星はマイナス等級)。

さて、最初に名付けるときに、
「名前どうする?」「なんか火星に似た星だよね」「じゃ、火星に似た星で、」
「名前どうする?」「戦いの神Marsの副官によくないか」「じゃ、火星の副官で、」
「名前どうする?」「赤さなんか、火星のライバルと言ってもいいのじゃないか」「じゃ、火星のライバルで、」
「いろいろ意見出たけど、総合して、«αντί» και «Άρης»として」「Αντάρης」に決定しよう。
こんな感じで決まったのではないかと想像します。

画像のクレジット:Sakurambo at English Wikipedia – Transferred from en.wikipedia to Commons.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です