金星を望遠鏡で見たのは初めてでした。アイピースでピントを合わせた瞬間は、感動の一瞬でした。星(惑星も含めた星)は丸いものだとばかり思っていたのに、そこに現れた星、金星は三日月型でした。スマホでコメリーと撮影しました。
5月1日の17時ごろでしたが、宵の明星と言われるだけあってまだ明るさの残る空でも十分に見られる星として存在していました。
太陽系の惑星はそれぞれに特徴があり、魅力的で、土星、木星、火星などはそれぞれの特徴ゆえに、人気スター達です。それに比べると金星は、宵の明星、明けの明星と言われれ程度で、人気はいまいちのところがあります。
しかし、金星をいろいろ調べてみると、実に興味深い惑星であることがわかります。人間に例えるなら、地味ですが、付き合ってみると味わいがあり、好きになれる相手だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です