8月の話題は、ペルセウス座流星群でしょうか。ペルセウス座流星群の母天体は、1862年7月にルイス・スウィフトとホレース・タットルがそれぞれに発見した、周期133年のスウィフト・タットル彗星(109P/Swift-Tuttle、周期彗星)です。彗星が流星群の母天体だと認められたのはこのスウィフト・タットル彗星が最初です。

8月の星空
————————————————
1日~7日 「スターウィーク 星空に親しむ週間」。(ごめんなさい、何も考えていなかった)
1日21時 レモン彗星 (C/2019 U6)9.6等より暗い、かみのけ座α星の東辺り。20日過ぎにはアルクトゥールスあたりに来る。
9日,10日深夜に 19日月と火星が接近
12日22時頃 ペルセウス座流星群が極大
15日,16日夜明け 西方最大離角ごろの明るい金星が26日月と接近
25日 旧暦七夕 旧暦7月7日なので月は毎年7日月の上弦の月

9月の星空
———————————————–
3日21時 準惑星ケレスが衝(みずがめ座7.6等)海王星も一緒に見られる
6日,7日21時頃 17日月と火星が接近 月は最遠40万キロ
12日21時 海王星が衝(みずがめ座7.8等)ケレスと一緒に見られる
25日21時 月、木星、土星が揃う
下旬 西から木星、土星、海王星、火星、天王星

8月と9月のスケジュール表.PDF
観望会へはどなたでも無料で参加できます。ただし、予約は必要です。0531-34-2325または、info@irago-hotel.comへお問い合わせ・お申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です